With Sportster

ハーレーダビッドソンの『スポーツスター』に関する日記です。

個人ショップに持ち込む事三回。
残念ながら修理は諦めました。
なぜって?
オイル漏れ(滲み)の原因は、
乗らないからだとか、
急に動かすからだとか、
本当に頭がおかしいような言い訳しか返ってこないからです。
おまけにインナーチューブを交換しろってさ…


乗ろうが乗るまいが、
距離にはオイル滲みは関係ないでしょう。

ただ単に修理が下手くそなだけ。

手を抜いてるからなんですよ。

だったらと仲間にお願いして自力修理をしました。

結果は完璧。

どうやった?って思いますよね?

簡単です。
ひたすらインナーチューブの凹み、錆び、傷を取るんです。
人間の手って凄く繊細なんですよね、
その手が感じなくなるまで。

#1500番のヤスリにオイルをつけて、
仕上げは#2000番のヤスリでひたすら時間と手間を掛けて。

インナーチューブを変えれば、
それで終わりです。
でもそんなお金ないですからね(笑)

まだまだ使える、
使おうって気持ちがあれば、
絶対にオイル滲みは止まります。

プラグコードを変えずにモジュール交換しり、
インナーチューブを交換しろとか、
手抜きで売り上げ上げるようなショップとはお付き合い出来ません(笑)

つまらんショップなら持ち込まないで、
手数料で友人と美味しいご飯食べて、
修理した方が余程お金の使い方が正しいですよね。


自分も技術職人と呼ばれる仕事をしてますが、
修理なんて本当に技術職人の最たるものです。

お金をもらってる以上、
もっと自覚をもって、
仕事に励んで貰いたいですね。


ついでに今回は車高を下げました。
sportsterは車高の高さを誇る乗り物だと勝手に思ってましたが、
まぁそれでも前後一緒に下げたので、
それほどバンク角減らずに済みました。

切った、貼ったとか簡単に言わない、
手をかけてくれるショップを皆さん探して見て下さい。


修理覚書
ヤマハフォークオイル#15番
油面140ミリ
純正スプリング交換無し
突き出し25㎜
リアサスC純正サス
スポンサーサイト
2016.11.13 11:54 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示